Loading…

スポンサーサイト

Posted by ルア on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「ファドを知る」前編

Posted by ルア on 12.2011 Amigo山岡   5 comments   0 trackback


ポルトガルの音楽と言えばファド。
しかし、白紙の状態で聞ききにいっても、理解範囲が限定されしまう。
予備知識として以下の内容を多少なりとも記憶しておけば、納得のゆ
くファドを聞くことができるかも。



「楽器の基礎」

以下は、ポルトガル.ギタ-演奏家のEurico Augusto Cebolo氏の言葉と
資料をお借りしたもの。
氏が作曲家した曲は、リスボンの大祭のひとつであるGrande Marcha de
Lisboa--リスボア大行進祭--のメイン行進曲。大祭ではかならず演奏
される名曲で、5曲ある。

曲名
Lisboa, Lisboa, Lisboa ( 1999年受賞)
Lisboa do ano dois mil ( 2000年受賞)
Lisboa Donairosa  (2002年受賞)
Lisboa e Linda (2006年受賞)
Beijos de Lisboa   (2007年受賞)

ポルト市内の氏の仕事場を訪ねた。仕事場は、楽器販売店の中
にある。前もって購入した氏の「ファド.ギタ-教本」によると、1938
年生れの73歳。Fadoギタ全曲集を執筆中であと1,2年はかるという。
先生から伺った話と、頂いた資料の内容を混ぜて、以下にまとめた。

[ ギタ-ラ ポルトゲ-ザの基礎知識]

ギタ-ラ ポルトゲ-ザ、とは、12弦(6X2弦)を用いるもので、楽器の
胴体部分が梨型(なしの下から半分)のものを差す。前奏の始まりは
この楽器で「INTRO」される場合か多い。歌声にもからんでゆき、
歌の休止中や間奏にもMelody風に演奏する。これとペアになって
合奏するもう1つのギダ-は、形はクラシック.ギタ-と同じで、こち
らはVIOLAと呼ぶ。和音を主体に弾いて拍子取りの役割をする。
以前は、二種類のギタ-を2 対、合計4名で伴奏するのが普通だった
が、1 x 2 の3名もあり、それにコントラバスを加えたり、サックス、
ピアノ、アコ-デオン、バイオリンなどと様々だが、いずれのケ-スで
も、葡萄牙ギタ-抜きでのファドはまず有り得ない。
このFado専用のGuitarra Portuguesaは、ポルトガル人の心情にかなっ
た楽器である。マイクが普及する以前の女性Fadistaは、みなこれを
弾きながら歌った。
  
ファド.ギタ-と呼び慣わしているが、実は長い間イギリス.ギタ-の名
で呼ばれていた。イギリスで有名なシンプソンという楽器職人が
最高のものを作っていて、一部がポ国にも輸出されていたからである。
英国人は1700年代にはポルト市にかなり居住していて愛好者もいた
のである。それがポルトに住んでいたLuis Cardoso Soaresによって
造られたのが最初で、次第に改良されて行き、18世紀の終わりには
リスボンでも造られ、次いでコインブラでも造られて国内に普及し
ていった。
Fado 専用のギタ-は、過去に何度か異なる調弦方法を取りいれたが、
最終的に現在の調弦法に落ち着いた。



「楽器のサイス゛と特徴」

昔の楽器のサイス゛は、リスボン式が胴体が小、コインブラ式は大、
ポルトとブラガ式は中サイズだった。時代と共に、すべてのギタ-は
進化し、それぞれの特徴を備えたた。現在は、楽器の頭部の先端部
の大きさで見分けるが、コインブラのものがリスボンのそれよりも
やや大きい。

「楽器の頭部のデザイン」

リスボン式ギタ-の頭部は、Caracol(かたつむり)の形で仕上げられてい
る。女衆の髪の結い方を表したもので、当時大抵の女は髪を巻いて後
頭部でしばるスタイルが多く、巻いた形がカタツムリにそっくりだっ
たからである。

他方、コインブラ式ギタの頭部は涙のしずくか、バラの形で仕上げられ
ている。涙のしずくで仕上がっている訳は、中世期、まだ皇太子だった
D.Pedro と側室であったドナ.イネ-ス デ カストro (政略的理由で
惨殺された側室) の悲劇の涙を象徴しているという。

もうひとつのバラのデザインは、Santa Isabel女王にまつわるもので、
バラの花びらが女王の奇跡によって黄金の花びらに変化した伝説から
取られている。 
   
「調弦 リスボン式とコインブラ式」

ファド.ギタ-用に調弦される音階は、リスボア式調弦法「Afinaçao de
Lisboa」である。それは
第1弦の音階が(シ3)、第2弦(ラ3)、第3弦(ミ3)、 第4弦(シ2)、
第5弦(ラ3)、第6弦(レ2)、となる。

この音階の調弦は、基本的にはコインブラ.ギタ-にも当てはまる。しか
しながら、コインブラFadoを演奏するに当って多数の演奏家は、実音
を1音下げるか、あるいは1、5音ないし2音階まで下げて調弦して演
奏する人があり、そのため、リスボン.ギタ-の弦よりももっと太い弦を
使用する。

「第6弦の変形」

第1、2、3弦は、同音階のスティ-ル弦が2本づつセットされている。
第4弦、第5弦、第6弦は、それぞれを2本の弦でセットする点までは同
じだが、常に片一方は細いシングルのアイアン.コ-ドを用い、もう一本は
Bordão という巻き糸で被覆した太い弦を使用するのが原則である。
これら後者の双子弦は、1オクタ-ブの音程の差を持たせて調弦される。
第6弦のみは例外で、2本とも巻き糸を施したBordão-ただし太さは異な
る-を使用しても良く、その方が良い音響効果を得られるからである。


「リスボン.ギタ-とコインブラ.ギタ-の弾き方の違い」

両者には、調弦の音程が違う点の他にも相違点がある。
リスボンのそれは一般民衆のFado、社会人のFado として伝承し成長し
てきたが、コインブラのものは、学生を主体として伝承されてきた。
Fado de Coimbraという単語が定着する前は、Cançsão de Coimbraと呼
ばれていた。
コインブラの弾き方は、もっぱら和音すなわちコ-ドをかき鳴らす奏法
が主体であり、(部分的にはMelodyも)リスボンFadoは、いわば和音を
Melody風かSolo風に分解して弾くのが主体となっている。
ただコインブラ奏法の場合でもMelody風に弾く場合もあり、その箇所
の演奏は、例えば第1弦を弾いた後の指先は第2弦に寄り掛かかって止
まる。これに対し、リスボン式では弾いた後の指先を手の平に折りた
たみ、弦から離れる。
独奏曲と合奏曲の天才と言われたCarlos Paredes は、弾奏するとき、右手
の3指(中指、薬、子)を第1弦に乗せて゛支え゛ながら弾いた。
昔は明確に分かれていたが、最近ではそれぞれの長所を取りいれて活用
している演奏家もいる。
   
「弦は6本あるが、それぞれの弦が、2本のダブル弦になっている。だか
ら12本弦ともいえる。大事なことは、゛ダブル弦は2本とも同音である゛
という点。つまりこうだ。
  「1弦は2本とも同じ音。(ドレミファの「シ」の音) 」、
  「2弦は2本とも同じ音。(ドレミファの「ラ」の音)」、
  「3弦は2本ともドレミの「ミ」の音。
  
「でも低音部の方の4弦5弦6弦は違う。ダブル弦である点までは同じだが、
片方の弦だけ太くてもう片一方は細いものをセットしてある。太い方は
中芯の上に巻き糸を巻いてあり、゛Bordao゛と呼ぶ。
そして2本の弦は別々の音階で調弦され、いちオクタ-ブの高低がある。」

4弦の太い方は下降するドシラの「シ」。細い弦はそのオクタ-ブ上の「シ」。
5弦の太い方は下降するドシラの「ラ」。細い弦はそのオクタ-ブ上の「ラ」。
6弦の太い方は下降するドシラの「レ」。細い弦はそのオクタ-ブ上の」レ」。

「ファドの楽譜」

ファドの楽譜は、一般の人の手に入らない時期が長く続いた。そこで独自
に採譜を始めたのが地方都市に住む音楽家のManuel Resende 氏である。
ポルト市から車で1時間ほのほどのサン ジョアン ダMadeiraに住んで
いる。1927年生まれ。アコ-オン演奏者として活躍していた時期、自分の
演奏用として採譜を始めたのがきっかけで、北部地方のカンソンからファド、
あらゆる分野の曲を採譜して出版した。「Melodias de Sempre」と題した
歌詞つき楽譜集は50巻をこえ、掲載された曲は1000曲を超えている。
個人で採譜して出版し、現在も在庫を持って販売と配本をしている。
個人で1000曲以上も採譜した方法は、氏に直接面会して聞いたが、古いテ
-プを聞きながらアコ-デオンの鍵盤で音程を確認しながら音符に直してゆく。
日本にもファンがいて、時々注文がある。
アマリア Rodriguesが歌ったファド曲も39曲採譜した。採譜して出版する
には、著作権協会に登記して著作権代を支払わなくてはならない。氏は作曲
家でもあり、数十曲の登rokuをしてある。
アマリアの歌った曲は、著作権協会には一曲も保存されていなかった。苦心
して自分が採譜した曲の楽譜を協会に提出し、使用料を支払って出版した。
地方に音楽家が多いのは、全国のカンソンもファドも地方の民衆によって
伝承されて来たことに由来する。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

すいません、
恥ずかしながら、初めて知りました!
ファド??!!

おかげさまで、いつか聞くときに、納得いって聞けそうですが、
いったいどんな音楽なのかしら…??!!
興味深々です!!; ̄ロ ̄)!!

日本でもCDとかあるかしら…?!
2011.04.13 04:19 | URL | jackie #mu2RbJ92 [edit]
日本で売っているかどうか、外国のCDを売っているショップで問いあわせてください「ポルトガルのファド(Fado)」で分かると思います。ジャンルは゛FADO`ですが、もしかしたら日本では軽音楽の部に入れられているかも知れません。歌手の名前は(故人ですが)アマリア-Amalia Rodrigues なら、多少知られているかも知れません。
どんな歌か、については、この後、続きを書きますので参考にして下さい。宣しくね。
2011.04.13 05:23 | URL | 山岡 #- [edit]
ファドの曲で日本語曲名「難船」の楽譜を手に入れたいのですが、情報お願いします
メロディにコードが付いたもの、伴奏(ピアノ、ポルギター、6弦ギター)も付いたもの
どんな形態でもいいです ひき語りをしたくて探しています よろしくお願いします。
2012.07.22 00:29 | URL | サンダバ #- [edit]
直ぐに見つかるかどうか?
気にかける様にします。
2012.07.24 22:06 | URL | ルア #- [edit]
「難船」の楽譜。以下の方法で入手することが出来ます。リスボンの音楽の先生/ファドのレッスン/7弦ギタ-及びビオラ用の楽譜の編曲などを手がけているProfessor Toze Cerdeira先生のサイトを開いてください。「難船」BARCO NAUFRAGADOは先生の作曲では有りませんが、先生は著作権協会に入っていますのでどのファドの曲も編曲してサイトで販売しています。サイトはhttp://www.fadotradicional.blogspot.pt/p/tablaturas.html       クリックすると中央に以下のアイテムが表示される。
Tablaturas(楽譜)
1:Tablatura do Solo da Intro. Cifra Harmonica(ソロ/イントロコ-ド)
2:Tablaturado Solo Intro Letra do fado Cifra Harmonia(ソロ/イントロ/歌詞/コ-ド)
3:Tablatura do acompanhamento da Viola do fado(ファドビオラ用)
4:Tablatura de Guitarradas Cifra Harmonia(ギタ-伴奏用/コ-ド)
5:Tablautura do Viola Baixo fado Cifra Harmonia(低音ビオラ用)
6:Tablatura do Improviso da guitarra do longo do fado(ギタ-即興用)
この中で④と⑥番目がタ-ゲットに当たるのでは。①のソロも面白いのでは。
その下にEncomendar Tablaturas(楽譜を注文する)が出てきますので、その枠の中に希望のファド曲の名前を書き込む。この場合はBARCO NAUFRAGADO(難船)を書き込む。その下に楽譜のタイプを指定する、が出てきます。Malhas da guitarra em todo o fadoの頭に付いている小さい丸の中をクリックする。その先に支払い方法があり、PAYPALの頭の丸をクリック。それで希望の楽譜をゲット。          なお、先生が言うには、日本に一人顧客がありその人の名前はJohn Davisとのこと。ただし私は単なる情報を提供しているだけで先生のお仕事とはまったく関係のない立場ですの、責任は一切負えない点をあらかじめお知らせしておきます。ご理解してください。ご希望の楽譜が手に入るよう願っています。頑張ってね。
2012.07.26 17:48 | URL | アミ-ゴ山岡 #- [edit]


  • password
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackbackURL:http://chimotoportugal.blog76.fc2.com/tb.php/408-a550d1e8

プロフィール

ルア

Author:ルア
プロフィール 千本佳男
ちもと よしお
(写真は息子です)

ポルトガル在住30年以上
職業   取材・コーディネイター
星座   魚座 
血液型  B型
住む理由 気候がよく、ワインも食べ物も美味しいポルトガルの虜
趣味  昔はウインドサーフ、現在はもっぱらネットサーフ
好きな物 ポルトガルではワイン、日本では餡このお餅
得意な事 サッカー取材
日本の家 神戸にあります
ポルトガルの家 リスボン郊外25キロの住宅街
事務所  海と世界遺産シントラの山が見える丘の上

やろうと思う事 ポルトガルの写真を沢山撮って紹介したい

*****チモト実績*****

依頼源 ポルトガル
ICEP(ポルトガル貿易・観光振興庁)
IPPAR(ポルトガル歴史建造物保存院)
ポルトガル政府観光局
裁判所関連書類翻訳
メディア翻訳・ナレーション・通訳等

依頼源 日本
各官庁、地方自治体の業務請負
ポルトガル博覧会日本館チーフ・コーディネイト
大手商社業務委託
商品調査
イベント関連、 その他、

NHK
EUサミット・リスボン
首相インタビュー
大河ドラマ 信長
世界ふれあい街歩き
世界入りにくい居酒屋
Wカップリサーチ・選手インタビュー
その他、 報道、文化、スポーツ番組

民放(各社一番組紹介)
開局40周年 大航海!謎と夢のコロンブス大紀行 NTV
めさましテレビ フジ
深夜特急98 NBN
新ポルトガル謎紀行 TBS
道浪漫 MBS
旅サラダ  ABC
ワールドビジネスサテライト TV東京
ユーロ(ヨーロッパサッカー選手権)WOWOW
赤道大紀行 CBC
にじいろジーン KTV
GAORA、KBS、KTS、TOS、SAGA-TV、旅チャンネル、その他

映画 東宝「7月24日通りのクリスマス」 

新聞 朝日、読売、毎日、その他

雑誌 フィガロ・家庭画報・コスモポリタン・スカイワールド(JAL)・アゴラ(JAL)・ナンバーなど、その他多数

ファッション カタログ
広告 CANON・ニッサン・トヨタ・エプソン・いいちこ・福砂屋・ダイキン・無印


ご連絡お待ちします。
chimotopt@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。