Loading…

スポンサーサイト

Posted by ルア on --.-- スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Marialvaの素敵な宿

Posted by ルア on 12.2015 ポルトガルの宿   0 comments   0 trackback


ポルトガル中部地方には12のALDEIAS HISTÓRICAS DE PORTUGAL(ポルトガルの歴史村)が存在するが、Marialvaもその一つ、城壁の周りの使われていない民家を買い取り歴史村の半分をコンドミニアム式の宿を始めたのが15年前、現在もEUからの補助金でSPAの増築工事が行われていた。全部で31室、朝食付きで1部屋135ユーロより。部屋代は少々張るが一度は泊まりたい宿の一つだ。
オーナーのパウロ氏の本職は繊維関連、宿の近くにあるブドウ畑からも良質のブドウが採れると聞いた。このブドウで委託醸造されたオリジナルワインの味も素晴らしい。

Marialvaは中世に栄えた村で、村名もSão Justo、Malva、Marialvaと村を収めた民族により変えられている。現在城壁の周りは40名弱の村人が住むという。大半がお年寄りで、中世にタイムスリップしたような体験と、近代的な設備の宿では快適な現在が満喫できるオススメの宿だ。











にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

マデイラ島Reid`s Palace Hotel

Posted by ルア on 12.2014 ポルトガルの宿   0 comments   0 trackback




個人的な好みも含めポルトガルでナンバーワンのホテルと尋ねられれば、マデイラ島の「Reid`s Palace」と即答してしまう。今まで十何泊、全て取材での宿泊だったが、雰囲気、アテンド、食事何をとっても非の打ち所がない。

今回は宿泊せずに部屋とレストランの取材であったが、何時も不思議に思うアテンドについて質問してみた。
「ピーターさん、本日の植物園でのお散歩は如何でしたでしょうか」
「素敵なマデイラ刺繍は見つかりましたでしょうか」
「本日の山岳部は少し冷えましたでしょうから、熱い飲み物でお体を温めてください」
などなど、挨拶を交わした後に出てくる言葉だ。

レストランの主任やコンセルジュの職員がどのようにして、客各々の名前を覚え、各々が何処に行ったかを覚えているのか。何時も不思議に思うと同時に、関心させられる。
リピーターが殆どのため名前も覚えるし、客の好みも覚えていると答えは簡単なものであったが、客の名前を覚える努力や、インフォアメーションの内容も記憶する努力をするなど(ポルトガルの)他のホテルでは考えられないことなのでストレートに感激させられる。

日本人の僕の名前も何時も直に覚えて頂き、挨拶の折りにはセニョール・チモトと欠かさず呼んで頂ける。もちろん、本日の行き先についての会話も次には待っている。

僕の稼ぎでは何泊も出来ないが、ポルトガルで一番泊まりたいホテルだ。

チャーチルが泊まられたチャーチル・スイート、メイン・ダイニング、マデイラ島特産の食材を使った料理を見て頂きたい。













http://www.belmond.com/reids-palace-madeira/leisure_and_facilities

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

サント・アントニオ農園「世界ネコ歩き」の舞台に

Posted by ルア on 26.2013 ポルトガルの宿   0 comments   0 trackback
DSC_0881(変換後)

4月下旬から5月上旬にかけて、NHK BS プレミアム「世界ネコ歩き」の撮影があった。
”可愛いネコ達求む”と依頼があって、真っ先に思いついたのは、毎年夏休みの定宿にしているサント・アントニオ農園だった。

昔はネズミ駆除薬を使用していたようだが、ネコを飼うようになってネズミだけでなくヘビもでなくなったようだ。
通常農園では番犬を飼っているが、ネコも一緒に飼っている農園はまれで、また毎年20匹以上の子猫に恵まれる農園も先ずは見当たらない。

「農園内でのびのびと育ち、ネズミを駆除してくれる」
「これからは多くの農園でもネコも飼うようになるだろう」
「もう4匹は貰い手が決まっている」
「泊まり客の中で、子猫が欲しいと言われる方にはプレゼントしています」

近所の農園主もネコと農園の相性が良い事が分かってきたらしく、子猫の嫁入り先も直ぐに見つかると言う。

眺望と素敵な奥様の手料理に加え、ネコ好きにはたまらないディストネーションになりそうだ。

放送は6月5日午後10時から

DSC_0840(変換後)

DSC_0775(変換後)

DSC_0769(変換後)

IMG_0106(変換後)

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

ヴィスタ・マール − シービュー

Posted by ルア on 20.2013 ポルトガルの宿   0 comments   0 trackback
DSC00594(変換後)

数ヶ月ぶりに休みをとりポルトガル南部地方(アルガルベ)に休暇で来たが、初日から不愉快な事ばかり、この国の人々の多くはサービス業が何なのかも弁えていない。

先ずは、チェックイン。
シービューの部屋を予約済のプリントを提示し、身分証明証、クレジットカードを提示する。
駐車スペースがないホテルだったので、荷物を取り出し駐車スペースを探しに行く。

レセプションに戻り、部屋番号と部屋への道順を尋ねると、
「大きな施設なので、一人では先ず行けない」
と言われたが、妻が先に行っているので追いかけて行きたいと話し、部屋までの道順を教えてもらう。

確かに一昔前に建てられたこの施設は、迷路のように入り組んでいて、また、まともな表示もなく簡単にたどり着けそうもなかった。
255部室に着くまで、2人の清掃のおばさんに行き順を尋ねる。

ようやくたどり着いた部屋は日が殆ど当たる事もないだろう奥まったカビの臭いのする部屋だった。

DSC00596(変換後)

マトモなベッドもないカビ臭い部屋から見えるのは壁だけ、シービューとはほど遠いものだった。
妻に予約表を見せ部屋を代えてもらうと言ったが、予約表は(故意かどうか知らないが、取り上げられたと言っていた)手元にはなし。
ネットで予約サイトを検索し、レセプションで見せる事に。

シービューを予約したが、壁しか見えないとんでもない部屋であることを話すと、
「当ホテルでは、255号室はシービュー扱いをしております」
とかの無茶な返答が返って来る。
「お前のホテルはシービーでない部屋までシービュー扱いで、割り増し料金を取る事を訴える」
と話すと、
「部屋から出て1分も歩けば海が見えます」
「なので、シービューです」
と無茶な返答がまたもや返って来る。
「部屋から海が見えなくても、数分歩けば海が見える部屋がシービューなら、何処もそうだな」
「このレセプションも確かにシービュー」
「外に出て海側に歩けば、海が見えるから」
「幼稚な、詐欺行為は直ちにやめるようにしろ」

ここまで不愉快な思いをして、ようやく海が見える部屋にたどり着く事ができたが、入り組んだ旧造りの施設は階段が多く、海が見えないシービュー部屋から海が見えるシービュー部屋までの荷物の移動が一仕事、大汗をかきながらのチェックインとなった。

DSC00598(変換後)

少し落ち着いた所で電話がかかって来る。
「この施設の説明をさせて頂きたいので」
とのことで、別日の午前10時に多くな松の木の下に来るように言われ行った所、このホテルチェーン経営グループの宿泊権利の勧誘だった。

ベッドは簡易ベッドで最悪な状態、携帯電話の電波も入らない事が多く、ネットもなかなか繋がらない。
下水も流れも悪く、風呂に入れば風呂場は水浸し、部屋も狭く、二度と泊まりたくない宿泊先ナンバーワンは間違いなく Clube Praia da Oura だ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

サントアントニオ農園 再訪

Posted by ルア on 18.2012 ポルトガルの宿   0 comments   0 trackback
DSC_0069(変換後)

今夏は4年ぶりにドウロ地方のサントアントニオ農園に休暇で行ったが、泊まり客の多くは外国人、フランス人、ドイツ人が大半で、景気を繁栄してかポルトガル人宿泊客の少なさが目についた。

2006年にオープンし、2008年には「ベスト・ワイン・ツーリズム」賞を受賞している。ドーロ地方には農園を改築した宿が多く、英国のメジャー元首相が毎夏休暇を過ごした事でも有名である。ただ何処も料金が高めの設定になっている為、長期の滞在には財布との相談が必要になってしまうが、サントアントニオ農園は、ダブル朝食付きで90ユーロ/部屋と料金も庶民的、景観は別世界と、超お薦めの宿泊先だ。

奥様マダレナさんの料理も超一流、是非泊まってみたい宿の一つだが、夏から秋にかけては満室になることが多いため早めの予約が必要だ。

http://www.quintasantoantonio.pt/

葡萄の収穫も始まったようだが、ぶどう狩りやワイン造りの体験も出来ると聞いた。

62(変換後)

DSC_0057(変換後)

DSC_0104(変換後)

DSC_0107(変換後)

DSC_0108(変換後)

DSC_0119(変換後)

DSC_0046(変換後)

DSC_0052(変換後)

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

  

プロフィール

ルア

Author:ルア
プロフィール 千本佳男
ちもと よしお
(写真は息子です)

ポルトガル在住30年以上
職業   取材・コーディネイター
星座   魚座 
血液型  B型
住む理由 気候がよく、ワインも食べ物も美味しいポルトガルの虜
趣味  昔はウインドサーフ、現在はもっぱらネットサーフ
好きな物 ポルトガルではワイン、日本では餡このお餅
得意な事 サッカー取材
日本の家 神戸にあります
ポルトガルの家 リスボン郊外25キロの住宅街
事務所  海と世界遺産シントラの山が見える丘の上

やろうと思う事 ポルトガルの写真を沢山撮って紹介したい

*****チモト実績*****

依頼源 ポルトガル
ICEP(ポルトガル貿易・観光振興庁)
IPPAR(ポルトガル歴史建造物保存院)
ポルトガル政府観光局
裁判所関連書類翻訳
メディア翻訳・ナレーション・通訳等

依頼源 日本
各官庁、地方自治体の業務請負
ポルトガル博覧会日本館チーフ・コーディネイト
大手商社業務委託
商品調査
イベント関連、 その他、

NHK
EUサミット・リスボン
首相インタビュー
大河ドラマ 信長
世界ふれあい街歩き
世界入りにくい居酒屋
Wカップリサーチ・選手インタビュー
その他、 報道、文化、スポーツ番組

民放(各社一番組紹介)
開局40周年 大航海!謎と夢のコロンブス大紀行 NTV
めさましテレビ フジ
深夜特急98 NBN
新ポルトガル謎紀行 TBS
道浪漫 MBS
旅サラダ  ABC
ワールドビジネスサテライト TV東京
ユーロ(ヨーロッパサッカー選手権)WOWOW
赤道大紀行 CBC
にじいろジーン KTV
GAORA、KBS、KTS、TOS、SAGA-TV、旅チャンネル、その他

映画 東宝「7月24日通りのクリスマス」 

新聞 朝日、読売、毎日、その他

雑誌 フィガロ・家庭画報・コスモポリタン・スカイワールド(JAL)・アゴラ(JAL)・ナンバーなど、その他多数

ファッション カタログ
広告 CANON・ニッサン・トヨタ・エプソン・いいちこ・福砂屋・ダイキン・無印


ご連絡お待ちします。
chimotopt@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。