Loading…

いい加減、いい加減!

Posted by ルア on 22.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


待ちに待った在留許可更新日だった。
夜明けと共に起床、電車に揺られカスカイスのSEF(ポルトガルの移民管理局)に着いたのは午前8時少し前、とりあえず入り口を確認に行ったところ「本日スト」の張り紙が貼られていた。

つい最近になってネット予約も再び可能になったが、去年から今年の初めまではネット予約も出来ない状況だった。代表電話番号一本の電話をかけても簡単に繋がるわけはない。宴会ムードが冷めやらぬ正月にかければ繋がると考え、1月2日に旅行先から朝一番に電話を入れ4月21日の更新予約となっていたが、

入り口前には旧植民地ギネ・ビサウの青年一人が立っていた。
「今日はストのようだが、どうするの」
と尋ねたところ、更新手続きの再予約をしてから帰るという。
入り口前で話していると、セキュリティーが外は寒いから中に入って関係者が来るのを待てばよいと中に入れてくれ、
「今日は公務員ストなので更新手続きは出来ないが、非公務員が来るので更新再予約をするように」と、
「非公務員にはモルドバ出身の女がおり、彼女はこの前まで在留許可を申請していた身だがポルトガル国籍を取ったと思えば、生意気になってタチが悪い職員に化けている。この女にアテンドされたものなら大変だ。」
とはギネ・ビサウの青年の弁。

15分ほど待ったところで現れた職員は運悪くこのモルドバ出身女性のみ、
待合カード1番のギネ・ビサウの青年をアテンドするや否や、大いなイジメシーンが始まった。

後ろで聞いていたが、在留許可更新には「労働時間証明」「授業時間証明」も必要と言っている。
ギネ・ビサウの青年が就労しながら大学にも通っていると言ったからだが、こんな証明書など存在する訳がない。
青年は徐々に声を荒たげるようになり、セキュリティーが中に入る。僕もアテンドが終わってからこの青年をカフェに連れて行きなだめることになるが、途上国でのやり取りそのものであった。

次にこの女性にアテンドされ、勝手なストの巻き添いで改めての更新手続きなら、犯罪証明書の有効期限が切れてしまうと話すと、何もいりません。パスポートだけで十分ですと先ほどの青年に対する対応とは180度違ったものであった。

セキュリティーの男性曰く、更新を幾度もしている外国人に対しては細かいことを言わないのだとか。
でも、急なストで更新は出来ず、5ヶ月後に出直しとは「THIS IS PORTUGAL」を体験した1日だった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

観光客で溢れるリスボン

Posted by ルア on 14.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


久しぶりにリスボンに出る機会があった。
カイス・ド・ソドレ駅から川沿いを歩きコメルシオ広場へ、アウグスト通りを抜けロシオ広場まで、リスボンの中心街を歩いたが、90%以上が外国人観光客、至る所でスペイン語が聞こえてきた。
夏でもないのに子供連れの観光客が多いのが不自然と思ったが、よくよく考えてみると復活祭週で今人気のリスボン観光に繰り出したスペイン人家族連れのはしゃぎ声だったが、フランス語、ドイツ語、英語に混じりロシア語まで聞こえ街は外国人観光客に占領されていた。



そういえば、政府の国内総生産予測が高すぎると各方面から指摘があったが、観光収入が経済を押し上げ高すぎるどころか政府予測以上の数値を記録した昨年度だった。今年も観光ブームは下火になるどころか昨年以上の勢いで観光客は増え続けている。
数年前まで20%弱の失業率も今年には10%を切ると財務大臣の強気の弁も聞こえるようになった。

観光資源はモニュメントだけではなく、治安、気候、物価全てで多くのヨーロッパ観光地を優越しているが、ここに「メイド・イン・ポルトガル」の世界を驚かすような「何かが」加われば一気に景気回復、EUのお荷物国のレッテルを取り除けるのだが。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

夏から春、その後冬

Posted by ルア on 25.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


時が逆刻みになったような感覚の1週間だった。
南部地方アルガルベでは初夏の気候を楽しみ、撮影不義理のお詫びを込めて訪れたドウロ地方の農園では春。国境越えをしたサラマンカではポルトガルでは経験することはまずない氷点下も体験することができた。
夏を先取りしたかと思えば、真冬も体験、地球の気候は狂ってしまっている。

アルガルベ 夏



ドウロ 春

















サラマンカ 冬


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

ポ国の石の文化Ⅱ

Posted by ルア on 18.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback
1519??????? 美なべレンの塔
テージョ河の女王 べレムの塔1519 年に完成                  

現在の塔は、陸地に接触した形で建っている。が、もともとは河岸から百メートルほどの沖に建てたられものだった。1657年に描かれたジェロニモス修道院の絵をみると、はるかの河中にぽつねんと建っているべレンの塔がある。この絵は、Felipe Lopes画家 のものでMuseu Nacional de Arte Antiga に展示されている。修道院のすぐ前は河岸でPraia de Belémと呼ばれていた。つまり今のAv. Brasíliaから先のべレン庭園全体は埋め立て地であり、結果として塔の現在位置は川岸である。          
ここで石の文化から話は横にそれてしまうが、この塔を最初に見た日本人は四人の少年達だった。それも1584年のこと、天正遣欧少年使節団の十四と十三歳の、伊藤マンショ、中浦ジュリアン、原マルティン、千々石ミゲル。大歓迎され、シントラ宮殿に招かれた。その後、スペイン経由でローマ迄行き、帰りはまたリスボアにもどり、1586年、日本向け帰路の航海に出ている。この旅行は、キリスト教宣教以外に欧州がいかに文化的に優れているか、を少年達に学ばせ、日本に知らしめる目的があったとされる。その実際例として、彼らにグーテンベルグ印刷機を持ち帰らせ、日本の書物の活版印刷が始めて行われたのである。また楽器も持ち帰り、聚楽第で、秀吉に西洋音楽の演奏を披露したと伝わっている。      
さらに余談。ずっと後年、青木建設がシントラ地方にゴルフ場を建設したが、敷地内の一部倒壊した修道院の瓦礫の中から、少年使節団四人の肖像を描いたアズレージョが発見され、ゴルフ場の施設の中に展示されていた。シントラ市と長崎の大村市とは姉妹都市である。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

世界平和度指数でポルトガルは世界5位

Posted by ルア on 15.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


2016年度の世界平和度指数が英国のエコノミスト紙から発表され、日本が世界ランク9位、ポルトガルが5位の名誉を勝ち取った。内的状況(暴力、犯罪)、外的状況(軍事費、戦争)に分けられ五段階評価される。犯罪発生率とは相関性はないようだが、安全度が高いことには違いがない。

1位はアイスランド、2位以下は、デンマーク、オーストリア、ニュージーランド、ポルトガル、チェコ、スイス、カナダ、日本、スロベニアと続いている。

気候も良く、物価も安い。食べ物も美味しく、観光の見所も盛り沢山なポルトガル。観光ブームの勢いはまだまだこれからといったところで、ここ数年後には主産業の座を観光が奪いそうだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村
  

プロフィール

ルア

Author:ルア
プロフィール 千本佳男
ちもと よしお
(写真は息子です)

ポルトガル在住30年以上
職業   取材・コーディネイター
星座   魚座 
血液型  B型
住む理由 気候がよく、ワインも食べ物も美味しいポルトガルの虜
趣味  昔はウインドサーフ、現在はもっぱらネットサーフ
好きな物 ポルトガルではワイン、日本では餡このお餅
得意な事 サッカー取材
日本の家 神戸にあります
ポルトガルの家 リスボン郊外25キロの住宅街
事務所  海と世界遺産シントラの山が見える丘の上

やろうと思う事 ポルトガルの写真を沢山撮って紹介したい

*****チモト実績*****

依頼源 ポルトガル
ICEP(ポルトガル貿易・観光振興庁)
IPPAR(ポルトガル歴史建造物保存院)
ポルトガル政府観光局
裁判所関連書類翻訳
メディア翻訳・ナレーション・通訳等

依頼源 日本
各官庁、地方自治体の業務請負
ポルトガル博覧会日本館チーフ・コーディネイト
大手商社業務委託
商品調査
イベント関連、 その他、

NHK
EUサミット・リスボン
首相インタビュー
大河ドラマ 信長
世界ふれあい街歩き
世界入りにくい居酒屋
Wカップリサーチ・選手インタビュー
その他、 報道、文化、スポーツ番組

民放(各社一番組紹介)
開局40周年 大航海!謎と夢のコロンブス大紀行 NTV
めさましテレビ フジ
深夜特急98 NBN
新ポルトガル謎紀行 TBS
道浪漫 MBS
旅サラダ  ABC
ワールドビジネスサテライト TV東京
ユーロ(ヨーロッパサッカー選手権)WOWOW
赤道大紀行 CBC
にじいろジーン KTV
GAORA、KBS、KTS、TOS、SAGA-TV、旅チャンネル、その他

映画 東宝「7月24日通りのクリスマス」 

新聞 朝日、読売、毎日、その他

雑誌 フィガロ・家庭画報・コスモポリタン・スカイワールド(JAL)・アゴラ(JAL)・ナンバーなど、その他多数

ファッション カタログ
広告 CANON・ニッサン・トヨタ・エプソン・いいちこ・福砂屋・ダイキン・無印


ご連絡お待ちします。
chimotopt@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR