Loading…

アフタヌーン・ティー

Posted by ルア on 21.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


午後5時にもなれば、街中のカフェは、帰宅までの小一時間を友人との「おしゃべり」タイムにあてる若いOLをはじめ、職場を一時逃亡のビジネスマン達で賑わいはじめる。
共稼ぎが一般的なポルトガルでは、平日は家庭で朝食を取ることが少ないことから、出社前のサラリーマンは職場近くや、家の近くのカフェで朝食を取るのが慣わしとなり、朝食時にはカフェがラッシュタイムとなるが、それに次ぐ賑わいようである。朝食時はそそくさと食事をとり職場へと向かうのに反し、午後のカフェは長居する客が多いせいか、人気のカフェでは、テーブル確保が困難なこともしばしばである。
勤務時間は午前9時から午後5時半~6時までの会社が多く、残業をする人が少ないことから、会社が退け時には、カフェが込んでくる。
女性はコヒーかティーにケーキ類をオーダーすることが多く、男性は夏の時期ならコロッケなどのお摘みを肴に生ビール。冬の時期ならコーヒーにケーキという注文パターンが主になっている。
この「おやつタイム」は、保育園に子供が通うころから習慣づけられるものだから、大人になってもきちんと習慣を守りつづけるようになっている。最近では、「おやつタイム」にティーを注文する人の数はすっかり少なくなってしまったが、ポルトガルのこの「おやつタイム」が英国のアフタヌーン・ティーの元祖のようで、17世紀にブラガンサ王朝のカタリーナ王女が英国のカルロス(チャールズ)2世のもとへ、ティーを飲む習慣と共に嫁いだのが始まりである。
15世紀から16世紀にかけ、海洋国家のポルトガルは世界に君臨し、西洋人として最初に多くの未知の地を開拓していった。バルトロメオ・ディアスの喜望峰到達を期に、大西洋とインド洋がアフリカ大陸にさえぎられていた今までの世界地図が書き換えられ、バスコダ・ガマのインド航路発見へとつながっていく。
ポルトガルはインドのゴアを植民地とし、布教活動や貿易に従事するようになる。東洋から胡椒をはじめとした香辛料や金・銀などの財宝のほか、お茶も航海者によってヨーロッパに持ち込まれるようになり、貴族の間でティータイムを楽しむ食生活が育っていった。
ポルトガルから英国へ、その後ヨーロッパ諸国へお茶を飲む習慣が広がっていったといっても過言ではないように思う。
東洋からポルトガル経由でヨーロッパ諸国に広まったことが、理解できる事実として、ポルトガルでは、「ティー」とは呼ばず「シャ」と呼んでいる。東洋の茶がポルトガル語風発音のもとに「シャ」となったものだが、横文字で書くとCHA。正しく茶そのものである。英国に伝わる過程で、TEAになった理由は、日本に伝えられたカステラや天ぷらを現地ではそう呼ばないように、伝わるどこかで間違って理解された為であろうか、、、、、

アソーレス諸島サンミゲル島の茶畑
eaco2-plantacao-de-cha (1)

英国に運搬する貨物の照会用スペルがTEAになっていた為、CHAを間違ってTEAと呼ぶようになったのであろうか。想像は膨らんでいくばかりである。ヨーロッパでは英国をはじめ、フランスやイタリア、スペインでもTEAがもとで現地化した単語を茶の意味で使っているため、どうしても、ティーの元祖は英国と考えてしまうのも無理がないのかもしれない。
大西洋にあるアソーレス諸島のサンミゲル島に、ヨーロッパで唯一の茶畑があるのも大航海時代の遺産のように思え、いかにもポルトガルらしい。
ポルトガルで「シャ」をオーダーすると、アバウトな罵声のレストランでは、適当にハーブティーが出てくることもある。現在は、以前ほど「シャ」を飲む習慣がないことから、ティーなら何でもOKと言うところだろう。少し真面目なサービスを心がけているところでは、イングリッシュ・ティー若しくはブラック・ティーと尋ねてくれば、元来のティーのことで、ハーブティーの場合は、それぞれ名をあげて説明してくれる。
ブラック・ティーと呼ぶ習慣があるぐらいだから、ティーにミルクを入れることはまずなく、ティーポットのほかに、熱い湯が入ったポットも沿えて持ってくることがある。薄めのティーを好むようで、ティーポットの中のティーが濃くなってしまうと、白湯を足して好みの濃さにするようだ。濃いデミタスコーヒーを好むことからは想像もつかない。
ヨーロッパで元祖のはずのティーを飲む習慣が最近では薄れ、元来のティータイムの時間にもティー以外の飲み物を飲むようになってきたせいであろうか、美味しいティーに出会う機会が少なくなってきているようにも思う。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

オートヨーロッパのスト

Posted by ルア on 30.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


皮肉なものだ。
VWの次期販売戦略のトップモデルSUV車T-Rocの生産がリスボン南部パウメーラ地方のVW工場での組み立てが決まり、この先何年かは工場閉鎖、従業員解雇の心配がなくなったはずだったが、従業人不足から土曜勤務を経営者側は求めてきたことに対し、火曜日23:30から木曜日00:00までのストに突入した。





労働者側は健康、家族が大事と経営者側提案の「3週間おきの週末2連休」に反対している。
以前、ポルトガルで工場労働者の意識調査取材をしたことがあった。
多くの労働者は定時で帰宅し、家族と夕食を共にすること、夏季休暇は100%の権利を行使することが大切で、残業手当が貰えたとしても会社の為に残業することを否定していた。日本のサラリーマンも同じ心境の人が多いかもしれないが、多くが会社の駒となり、何も言えないまま定年を迎える。
でも、ここは外国。慣習も日本とは違っている。でもこの秋の生産販売に漕ぎつけない状況に陥ると、1991年創業のポルトガル最大外国投資のオートヨーロッパでの生産中止、旧東欧圏での生産に切る変わる可能性もあり、薄氷を踏みながらの交渉が続く.....

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

リスボン猛暑到来

Posted by ルア on 17.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


今年に入って何回かの猛暑予報に肩透かしを食らっていたが、今日は朝から既に30度超え、リスボン地方の最高気温は41度まで上がるという。

IPMA(ポルトガル海洋気象庁)の予報では、全国4地方で警報レベルの猛暑になるというが、セツーバル34度、ブラガンサ39度、リスボン41度、サンタレン43度、南部内陸地方も42度の予報が出ている。
今回の猛暑は全国的なものではなく、北部海岸線のヴィアナ・ド・カステロ、ポルトでは28度を下回る予報が出ている。

久しぶりにリスボンに出る日が今年一番の猛暑日とはツキに見放されている感もある。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

いい加減、いい加減!

Posted by ルア on 22.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


待ちに待った在留許可更新日だった。
夜明けと共に起床、電車に揺られカスカイスのSEF(ポルトガルの移民管理局)に着いたのは午前8時少し前、とりあえず入り口を確認に行ったところ「本日スト」の張り紙が貼られていた。

つい最近になってネット予約も再び可能になったが、去年から今年の初めまではネット予約も出来ない状況だった。代表電話番号一本の電話をかけても簡単に繋がるわけはない。宴会ムードが冷めやらぬ正月にかければ繋がると考え、1月2日に旅行先から朝一番に電話を入れ4月21日の更新予約となっていたが、

入り口前には旧植民地ギネ・ビサウの青年一人が立っていた。
「今日はストのようだが、どうするの」
と尋ねたところ、更新手続きの再予約をしてから帰るという。
入り口前で話していると、セキュリティーが外は寒いから中に入って関係者が来るのを待てばよいと中に入れてくれ、
「今日は公務員ストなので更新手続きは出来ないが、非公務員が来るので更新再予約をするように」と、
「非公務員にはモルドバ出身の女がおり、彼女はこの前まで在留許可を申請していた身だがポルトガル国籍を取ったと思えば、生意気になってタチが悪い職員に化けている。この女にアテンドされたものなら大変だ。」
とはギネ・ビサウの青年の弁。

15分ほど待ったところで現れた職員は運悪くこのモルドバ出身女性のみ、
待合カード1番のギネ・ビサウの青年をアテンドするや否や、大いなイジメシーンが始まった。

後ろで聞いていたが、在留許可更新には「労働時間証明」「授業時間証明」も必要と言っている。
ギネ・ビサウの青年が就労しながら大学にも通っていると言ったからだが、こんな証明書など存在する訳がない。
青年は徐々に声を荒たげるようになり、セキュリティーが中に入る。僕もアテンドが終わってからこの青年をカフェに連れて行きなだめることになるが、途上国でのやり取りそのものであった。

次にこの女性にアテンドされ、勝手なストの巻き添いで改めての更新手続きなら、犯罪証明書の有効期限が切れてしまうと話すと、何もいりません。パスポートだけで十分ですと先ほどの青年に対する対応とは180度違ったものであった。

セキュリティーの男性曰く、更新を幾度もしている外国人に対しては細かいことを言わないのだとか。
でも、急なストで更新は出来ず、5ヶ月後に出直しとは「THIS IS PORTUGAL」を体験した1日だった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

観光客で溢れるリスボン

Posted by ルア on 14.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


久しぶりにリスボンに出る機会があった。
カイス・ド・ソドレ駅から川沿いを歩きコメルシオ広場へ、アウグスト通りを抜けロシオ広場まで、リスボンの中心街を歩いたが、90%以上が外国人観光客、至る所でスペイン語が聞こえてきた。
夏でもないのに子供連れの観光客が多いのが不自然と思ったが、よくよく考えてみると復活祭週で今人気のリスボン観光に繰り出したスペイン人家族連れのはしゃぎ声だったが、フランス語、ドイツ語、英語に混じりロシア語まで聞こえ街は外国人観光客に占領されていた。



そういえば、政府の国内総生産予測が高すぎると各方面から指摘があったが、観光収入が経済を押し上げ高すぎるどころか政府予測以上の数値を記録した昨年度だった。今年も観光ブームは下火になるどころか昨年以上の勢いで観光客は増え続けている。
数年前まで20%弱の失業率も今年には10%を切ると財務大臣の強気の弁も聞こえるようになった。

観光資源はモニュメントだけではなく、治安、気候、物価全てで多くのヨーロッパ観光地を優越しているが、ここに「メイド・イン・ポルトガル」の世界を驚かすような「何かが」加われば一気に景気回復、EUのお荷物国のレッテルを取り除けるのだが。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

  

プロフィール

ルア

Author:ルア
プロフィール 千本佳男
ちもと よしお
(写真は息子です)

ポルトガル在住30年以上
職業   取材・コーディネイター
星座   魚座 
血液型  B型
住む理由 気候がよく、ワインも食べ物も美味しいポルトガルの虜
趣味  昔はウインドサーフ、現在はもっぱらネットサーフ
好きな物 ポルトガルではワイン、日本では餡このお餅
得意な事 サッカー取材
日本の家 神戸にあります
ポルトガルの家 リスボン郊外25キロの住宅街
事務所  海と世界遺産シントラの山が見える丘の上

やろうと思う事 ポルトガルの写真を沢山撮って紹介したい

*****チモト実績*****

依頼源 ポルトガル
ICEP(ポルトガル貿易・観光振興庁)
IPPAR(ポルトガル歴史建造物保存院)
ポルトガル政府観光局
裁判所関連書類翻訳
メディア翻訳・ナレーション・通訳等

依頼源 日本
各官庁、地方自治体の業務請負
ポルトガル博覧会日本館チーフ・コーディネイト
大手商社業務委託
商品調査
イベント関連、 その他、

NHK
EUサミット・リスボン
首相インタビュー
大河ドラマ 信長
世界ふれあい街歩き
世界入りにくい居酒屋
Wカップリサーチ・選手インタビュー
その他、 報道、文化、スポーツ番組

民放(各社一番組紹介)
開局40周年 大航海!謎と夢のコロンブス大紀行 NTV
めさましテレビ フジ
深夜特急98 NBN
新ポルトガル謎紀行 TBS
道浪漫 MBS
旅サラダ  ABC
ワールドビジネスサテライト TV東京
ユーロ(ヨーロッパサッカー選手権)WOWOW
赤道大紀行 CBC
にじいろジーン KTV
GAORA、KBS、KTS、TOS、SAGA-TV、旅チャンネル、その他

映画 東宝「7月24日通りのクリスマス」 

新聞 朝日、読売、毎日、その他

雑誌 フィガロ・家庭画報・コスモポリタン・スカイワールド(JAL)・アゴラ(JAL)・ナンバーなど、その他多数

ファッション カタログ
広告 CANON・ニッサン・トヨタ・エプソン・いいちこ・福砂屋・ダイキン・無印


ご連絡お待ちします。
chimotopt@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR