Loading…

夏から春、その後冬

Posted by ルア on 25.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


時が逆刻みになったような感覚の1週間だった。
南部地方アルガルベでは初夏の気候を楽しみ、撮影不義理のお詫びを込めて訪れたドウロ地方の農園では春。国境越えをしたサラマンカではポルトガルでは経験することはまずない氷点下も体験することができた。
夏を先取りしたかと思えば、真冬も体験、地球の気候は狂ってしまっている。

アルガルベ 夏



ドウロ 春

















サラマンカ 冬


にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

ポルトガルにも雪は降る

Posted by ルア on 05.2017 Amigo山岡   0 comments   0 trackback
雪割りで乾杯 !!!

Image 20170304 at 1725筆者の山岡さん

ポ国にも、雪が降る事を思い出せてくれる写真。ブラジルに住む三男一家が、ポ国に住む次男夫婦を訪問し、雪山に行って来たよと、写真を送ってきた。               
撮影日は、2017 年2月 25日。たまたま数十年ぶりの大雪とのことで、懐かしいSerra das Estrelasを満喫させてくれる写真なので活用させてもらう。この山脈の標高は、1,600メートルほど。

Serra das estrelas  の雪① 2017年2月 25日

serra das estrelas ? 雪 ② 2017年2月 25日

Serra da Estrelas ? 雪③ 2017年 2月 25日

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

ポ国の石の文化 Ⅲ

Posted by ルア on 27.2017 Amigo山岡   0 comments   0 trackback
秋の陽に波を打ちだす石畳

石畳のアート 
発見のモニュメントの広場に展開する敷石のアート。 ルジタニア人はブラカラ・アウグスタ時代には、敷石道路の作業に携わったであろうし、道程標識のローマン・マイル脊柱の切り出しにもかかわったと推測される。さらに数世紀にわたってコニンブリガのモザイク床を見ながら吸収し、その過程で石の文化を自家薬籠中の物として来たと考えられる。     

現在のこの白黒模様の波型は、大航海時代、彼らが荒波を越えて渡り進んだ「大洋」を象徴しているようだ。奥はサン・ジェロニモス修道院。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

ポ国の石の文化Ⅱ

Posted by ルア on 18.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback
1519??????? 美なべレンの塔
テージョ河の女王 べレムの塔1519 年に完成                  

現在の塔は、陸地に接触した形で建っている。が、もともとは河岸から百メートルほどの沖に建てたられものだった。1657年に描かれたジェロニモス修道院の絵をみると、はるかの河中にぽつねんと建っているべレンの塔がある。この絵は、Felipe Lopes画家 のものでMuseu Nacional de Arte Antiga に展示されている。修道院のすぐ前は河岸でPraia de Belémと呼ばれていた。つまり今のAv. Brasíliaから先のべレン庭園全体は埋め立て地であり、結果として塔の現在位置は川岸である。          
ここで石の文化から話は横にそれてしまうが、この塔を最初に見た日本人は四人の少年達だった。それも1584年のこと、天正遣欧少年使節団の十四と十三歳の、伊藤マンショ、中浦ジュリアン、原マルティン、千々石ミゲル。大歓迎され、シントラ宮殿に招かれた。その後、スペイン経由でローマ迄行き、帰りはまたリスボアにもどり、1586年、日本向け帰路の航海に出ている。この旅行は、キリスト教宣教以外に欧州がいかに文化的に優れているか、を少年達に学ばせ、日本に知らしめる目的があったとされる。その実際例として、彼らにグーテンベルグ印刷機を持ち帰らせ、日本の書物の活版印刷が始めて行われたのである。また楽器も持ち帰り、聚楽第で、秀吉に西洋音楽の演奏を披露したと伝わっている。      
さらに余談。ずっと後年、青木建設がシントラ地方にゴルフ場を建設したが、敷地内の一部倒壊した修道院の瓦礫の中から、少年使節団四人の肖像を描いたアズレージョが発見され、ゴルフ場の施設の中に展示されていた。シントラ市と長崎の大村市とは姉妹都市である。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

世界平和度指数でポルトガルは世界5位

Posted by ルア on 15.2017 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


2016年度の世界平和度指数が英国のエコノミスト紙から発表され、日本が世界ランク9位、ポルトガルが5位の名誉を勝ち取った。内的状況(暴力、犯罪)、外的状況(軍事費、戦争)に分けられ五段階評価される。犯罪発生率とは相関性はないようだが、安全度が高いことには違いがない。

1位はアイスランド、2位以下は、デンマーク、オーストリア、ニュージーランド、ポルトガル、チェコ、スイス、カナダ、日本、スロベニアと続いている。

気候も良く、物価も安い。食べ物も美味しく、観光の見所も盛り沢山なポルトガル。観光ブームの勢いはまだまだこれからといったところで、ここ数年後には主産業の座を観光が奪いそうだ。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村
  

プロフィール

ルア

Author:ルア
プロフィール 千本佳男
ちもと よしお
(写真は息子です)

ポルトガル在住30年以上
職業   取材・コーディネイター
星座   魚座 
血液型  B型
住む理由 気候がよく、ワインも食べ物も美味しいポルトガルの虜
趣味  昔はウインドサーフ、現在はもっぱらネットサーフ
好きな物 ポルトガルではワイン、日本では餡このお餅
得意な事 サッカー取材
日本の家 神戸にあります
ポルトガルの家 リスボン郊外25キロの住宅街
事務所  海と世界遺産シントラの山が見える丘の上

やろうと思う事 ポルトガルの写真を沢山撮って紹介したい

*****チモト実績*****

依頼源 ポルトガル
ICEP(ポルトガル貿易・観光振興庁)
IPPAR(ポルトガル歴史建造物保存院)
ポルトガル政府観光局
裁判所関連書類翻訳
メディア翻訳・ナレーション・通訳等

依頼源 日本
各官庁、地方自治体の業務請負
ポルトガル博覧会日本館チーフ・コーディネイト
大手商社業務委託
商品調査
イベント関連、 その他、

NHK
EUサミット・リスボン
首相インタビュー
大河ドラマ 信長
世界ふれあい街歩き
世界入りにくい居酒屋
Wカップリサーチ・選手インタビュー
その他、 報道、文化、スポーツ番組

民放(各社一番組紹介)
開局40周年 大航海!謎と夢のコロンブス大紀行 NTV
めさましテレビ フジ
深夜特急98 NBN
新ポルトガル謎紀行 TBS
道浪漫 MBS
旅サラダ  ABC
ワールドビジネスサテライト TV東京
ユーロ(ヨーロッパサッカー選手権)WOWOW
赤道大紀行 CBC
にじいろジーン KTV
GAORA、KBS、KTS、TOS、SAGA-TV、旅チャンネル、その他

映画 東宝「7月24日通りのクリスマス」 

新聞 朝日、読売、毎日、その他

雑誌 フィガロ・家庭画報・コスモポリタン・スカイワールド(JAL)・アゴラ(JAL)・ナンバーなど、その他多数

ファッション カタログ
広告 CANON・ニッサン・トヨタ・エプソン・いいちこ・福砂屋


ご連絡お待ちします。
chimotopt@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR