FC2ブログ
Loading…

非常事態宣言継続中

Posted by ルア on 14.2021 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


非常事態宣言下のポルトガル、二月になって2度目の協力先地方自治体よりの圏跨ぎ移動理由書を持っての長距離移動をした。帰路時に普段だと結構な数の車が給油しているAVEIRASサービスエリアも我が車一台のみ。もちろん高速道路の交通量は激減で出張ドライブには快適だった。

長距離ドライブは快適だったが、同時に緊急事態宣言が三月一日まで延長されると発表があった。大方の予想ではさらに1ヶ月の延長、若くは四月上旬の復活祭が終わるまでの延長が検討されているという。
おまけに最近になってマスクを二重につけた方が良い。二重マスクを義務付けようという動きまで出てきている。

いつまで続く非常事態宣言、飲食関連、観光関連はすでに呼吸困難、かろうじて息をしている現状も見つめ直してほしい。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



非常事態宣言発動中

Posted by ルア on 09.2021 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


何ヶ月ぶりかのリスボン下町、
所用がありリスボンまで出かけたが、待っていたのはシャッターが閉ざされた商店やレストラン。非情事態宣言を意識したのか野良犬にも出会うことが出来ない。銀行ATMの前の行列と、客待ちタクシーの列で何人かの人に出会える程度、ここまで静まりかえったリスボンに出会ったのは今日が初めてだった。

1週間前にポルトガルはコロナPCR検査陽性率世界一を記録、死亡者率も世界一と不名誉な記録を作った。このことが人々をより一層の不安に駆り立てたのか、廃墟化したリスボンだった。

政府のコロナ対策は指導者自身、己の身を切る形ではなく庶民の身を切るというエヴィデンスの無い弱い者いじめ政策が続き、(日本も負けてはいませんが)ワクチン接種についても己の立場を利用したり、友人関係を使って我さきにうとうとする品位のない一部の国会議員、自治体幹部も後を絶たない。

特別な状況下では人としての本性が暴露されてしまうというが正にそれ、品位のない議員には厳しい審判を下してほしい。
でも、コロナ禍が過ぎれば忘れてしまうのでしょうね。







にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

リスボンのクリスマス2020

Posted by ルア on 18.2020 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback


コロナ規制で週末は午後1時から外出禁止の2020年、雨天の日々が続いていたが、ようやく今晩曇りの天気予報が出たのでリスボン旧市街までドライブすることにした。
パンデミックの影響でクリスマスマーケットもなし、人影も制限された街中にクリスマスイルミネーションだけが輝いていた。

ワクチンが出始めたとはいえコロナ禍の早期収束は困難と考えるが、弱者に手を差し伸べる政策と1日でも早いコロナ共存社会の構築を願いたいものだ。経済殺して何になる!
専門家、政治家達の己中心(責任回避)政策は終わりにしてほしい。

リスボン散策経路
す















にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村


コロナ感染者増えています

Posted by ルア on 14.2020 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback
今までと変わらない(コロナを知らない)美しい夕焼け


サッカーポルトガル代表のロナルドも中共ウイルスに感染した。新学期も始まり人との接触機会も以前と比べ増えてきたことも影響してか、今週に入り優に一日1000人を超えるペースで感染者が増え続けている。
国立病院でも感染者に対応するため、救急窓口での診断を取りやめたり、緊急以外の手術も行われなくなると言う。
これから気温が下がると今以上に感染者が増えると考えられるが、コスタ首相は緊急事態宣言発動には消極的で、復活祭当時の里帰りなどの自粛を要請しないと、クルスマスの家族団欒には積極的だ。

街中の人影も戻り始め、観光客の姿にもチラホラ出会えるようになって来ているが、室内でのマスク義務付けなどニューノーマルな生活は始まったばかりだ。

エッグタルト人気店 Pasteis de Belém
長蛇の列も今は昔


ウイルス対策で席数が大きく減少した店内



ジェロニモス修道院も人影はまばら



にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

WELCOMEな国々(我々地球人)

Posted by ルア on 30.2020 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback
山中にある塩田 Rio Maior

ローマ遺跡前広場 Mérida

ローマ遺跡 Mérida

ローマ遺跡 Mérida

アルタ広場 Badajoz

アジューダ橋 ポルトガル/スペイン国境


新型コロナ騒動が収まる気配のない中、ポルトガルの田舎町やスペインの観光地を旅する機会があった。
どの観光地を廻っても人影はまばら、でも八月の休暇シーズンとは思えない閑散とした街中風景とは対照的な地元の人達の暖かい「おもてなし」が印象に残った。

パンデミックに逆行する形でポルトガルでは外国人観光客誘致(入国拒否対象地域はある)を国策として行い、国民にも旅行を推奨してる。リゾート客は例年よりは減少傾向とはいえ、多くが夏を満喫しているようにも見える。
旅をして感じたことだが、外様に後ろ指を指すような態度の人達に出会うことはなく皆んな平常時と同じ態度で接してくれる。これは人口比での感染者数が日本よりも何倍も多いポルトガルもスペインでも同じだ。
我が祖国では他県からの里帰りをあからさまに拒否する態度や、知事の可笑しな発言がある事を耳にする。都民はなかなか地方に出向けないとも聞いた。
過剰に恐怖をあおるメディアに踊らされていることが一番の原因のようにも思うが、もう少し寛容に病気に向きあえる器があれば経済の打撃も減少し、新型コロナで首を吊る不幸な方々も減ると思うのだが。

後ろ指を指すことなく、皆んなで協力共存して今を乗り切ろうと仲間には発信を続けている。地域や人種の枠で縛ることは出来ない我々は地球人なのだから。

*ポルトガルでは現在、日本からの渡航者に対し入国後14日間の自宅待機、PCR検査陰性証明の義務づけは行われていない。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

  

プロフィール

ルア

Author:ルア
プロフィール 千本佳男
ちもと よしお
(写真は息子です)

ポルトガル在住30年以上
職業   取材・コーディネイター
星座   魚座 
血液型  B型
住む理由 気候がよく、ワインも食べ物も美味しいポルトガルの虜
趣味  昔はウインドサーフ、現在はもっぱらネットサーフ
好きな物 ポルトガルではワイン、日本では餡このお餅
得意な事 サッカー取材
日本の家 神戸にあります
ポルトガルの家 リスボン郊外25キロの住宅街
事務所  海と世界遺産シントラの山が見える丘の上

やろうと思う事 ポルトガルの写真を沢山撮って紹介したい

*****チモト実績*****

依頼源 ポルトガル
ICEP(ポルトガル貿易・観光振興庁)
IPPAR(ポルトガル歴史建造物保存院)
ポルトガル政府観光局
裁判所関連書類翻訳
メディア翻訳・ナレーション・通訳等

依頼源 日本
各官庁、地方自治体の業務請負
ポルトガル博覧会日本館チーフ・コーディネイト
大手商社業務委託
商品調査
イベント関連、 その他、

:NHK:
EUサミット・リスボン
首相インタビュー
NHKスペシャル海
大河ドラマ 信長
世界ふれあい街歩き
世界入りにくい居酒屋
関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅
赤道直下40000キロ
二度目のリスボン
今夜の旅はドラマチック
The Big Wave Surfers - 世界最大の波を求めて -
NHKスペシャル戦国
体感!グレートネイチャー - 大西洋 潮のスペクタル
Wカップリサーチ・選手インタビュー
その他、 報道、文化、スポーツ番組

:民放:(各社一番組紹介)
開局40周年 大航海!謎と夢のコロンブス大紀行 NTV
MONDAY FOOTBALL SPモウリーニョのすべて フジ
深夜特急98 NBN
新ポルトガル謎紀行 TBS
道浪漫 MBS
旅サラダ  ABC
ワールドビジネスサテライト TV東京
ユーロ(ヨーロッパサッカー選手権)WOWOW
赤道大紀行 CBC
にじいろジーン KTV
GAORA、KBS、KTS、TOS、SAGA-TV、旅チャンネル、その他

映画 東宝「7月24日通りのクリスマス」 

新聞 朝日、読売、毎日、その他

雑誌 フィガロ・家庭画報・コスモポリタン・スカイワールド(JAL)・アゴラ(JAL)・ナンバーなど、その他多数

ファッション カタログ
広告 CANON・ニッサン・トヨタ・エプソン・いいちこ・福砂屋・ダイキン・無印


ご連絡お待ちします。
chimotopt@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR