FC2ブログ
Loading…

国境線

Posted by ルア on 11.2019 未分類   0 comments   0 trackback


地図では確認できる国境線だが、実際に存在する?
島国の日本は隣国と陸続きで国境を接しないため国境はどのようになっているのか、興味深く思っている人も多いと思う。
実際に国境に線を引くとなると大変な作業で、莫大な費用を要すること間違いない。
メキシコとの国境に造ろうとするトランプ米大統領は国家予算を建設費にまわせないと出張する野党と対立している。
国境の壁ではないが、スペイン・ポルトガルの国境に引かれる興味深い国境線を紹介したい。

南部地方の国境線




北部地方の国境線





にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

中島翔哉の移籍

Posted by ルア on 04.2019 サッカー   0 comments   0 trackback


中島翔哉の移籍先がまさかのアルドゥハイル、カタールのチャンピオン・クラブだった。
彼のヨーロッパ志向からしても、彼のポテンシャルからしても、クエスチョン・マークが多くつく移籍発表だった。

以下、フランス『L'Equipe』日本語訳引用
このカタールのクラブは、アル・タニ首長の所有物で、同首長はパリSGのオーナーでもある。このため短絡的な憶測が容易に飛び交っているのだ。一部の人びとは「ナカジマがドーハをトランジット(経由)する形で、半年後にパリにレンタルされるのではないか」と想像を逞しくしているのである。フランスのチャンピオンクラブはUEFA(欧州サッカー連盟)が定めるファイナンシャル・フェアプレー(FFP)を巧みに迂回し、高いポテンシャルを持つ若い選手を”裏ワザ”で獲得することで、スカッドを増強できる──という論法である。
だが、UEFAは数年前から、パリSGの一挙手一投足を事細かに監視している。
もしパリSGがこのような手法で、ルールを弄ぶかのようにUEFAに挑戦状を叩きつければ、取り返しがつかない事態を招くだろう。リーグ・アン王者は、決定的にUEFAを敵に回してしまうことになるからだ。フランスを取り巻く様々な状況から考えて、そんな愚行に及ぶだろうか。

と全面否定しているが、筆者は”裏ワザ”でパリ・サンジェルマンに移籍するという手段ではなく、現時点ではFFPが理由で移籍契約を結ぶことができない為、今シーズン終了を待ち正規に契約を結ぶ可能性が高いと考える。パリSGとアルドゥハイルの関係を考えても可能性は大である。
ポルトガルで中島の活躍が観れなくなるのは残念だが、ヨーロッパの大舞台で活躍する中島の姿を1日でも早く観たいと願い続ける。なぜなら彼は、今までの日本人選手にはなかった失敗を恐れず勝負(突破)をかけられる心を持つ選手だから。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 サッカーブログ 海外サッカーへ
にほんブログ村

美味しいカタプラーナあります

Posted by ルア on 31.2019 ポルトガル料理   0 comments   0 trackback
IMG_0769 (1)
写真の鍋はステンレス

リスボンを流れるテージョ川の対岸のカシーリャスには昔ながらの庶民的なレストランが立ち並ぶ。アルマダ市はリスボンのベッドタウンでもあることから、カシーリャス港から海上バスを利用する多くの通勤客が立ち寄る店が多い。
このカシーリャス港から徒歩10分弱のところにお勧めレストランがある。

日曜日の昼食は「コージード・ア・ポルトゲーザ」(ポルトガル風ポトフ)が目当ての地元客で店内はすぐに満席になるが、夕食時は贅沢にテーブルを使用できる時間帯に変わる。

主人はフランスに出稼ぎに、奥様のラウリンダさんが厨房を取り仕切っている。
ここでのお勧めは伊勢海老も入ったクリーミーな独特の味付けが印象的なアンコウのカタプラーナ(銅なべ蒸し)、一度口にすれば誰しも虜にされてしまう一品だ。一鍋(2人前)を3人で十分なほど量も多めで、カタプラーナを注文するとフライドポテトとバターライスも付いてくるので、少食の方なら4人で挑戦しても残してしまうかもしれない。
細かい味を記すことをあえて避けたいのは、先入観なしに口に入れる方がより一層美味しく頂けると考えてのものだ。

娘のサラさんが居れば、サングリアを注文するのも良い。赤ワインとソーダ水、フルーツの他、ウイスキーやリキュールなど何種類ものお酒がミックスされ格別なハーモニーを創り出している。

リスボンで時間が許せば海上バスで対岸へ、カタプラーナだけではなく、対岸からのリスボン全景も美しい。

IMG_0768 (1)

Restaurante O MARTINS
Rua Comandante António Feio, 45-D
2800 – 256 Cacilhas
PORTUGAL

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

久しぶりの夕焼け

Posted by ルア on 29.2019 ポルトガルの夕焼け   0 comments   0 trackback


スペイン国境から約30分ほど走ると空は徐々に赤みを帯びていった。
事務所からは毎年複数回の素晴らしい夕焼けが眺められるが、最近は夕焼けの時間帯にいることも少なく久しぶりの真っ赤なキャンパスに出会え心を掻き立てられたものの高速道路を運転中。
写真を撮るのを諦めていたところ、幸運にもサービスエリアの標識が、若干タイミングは逃したがエボラモンテの背景に真っ赤な夕焼け空が広がっていた。あいにくiPhoneしか手持ちになかったが、贅沢は禁物とシャッターを切った。

秋から冬の季節は雨季になり雲がかかる可能性も高いことから、また産業汚染も少ないことから、夕焼けのシーズンになる。ポルトガルは美しい夕焼けも売り物だ。





にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村

日本での通訳求めます

Posted by ルア on 23.2018 ポルトガル情報   0 comments   0 trackback

写真と記事内容とは関係ありません。

何週間か前に携帯電話が鳴った。
「大使館から貴方の電話番号をお聞きしました。1月から6ヶ月間、日本でポルトガル技師の通訳を探しています。」
「会社の決まりで出張手当は100ユーロ/日しかお支払い出来ませんが宿泊費も別途支給されます。給与につきましてはご希望額を提示して頂ければ有り難いです。」

3月には毎年アルガルベカップ中継(来年「なでしこジャパン」不参加がその後決定)がある。その他の番組事前準備、ワイン農園視察企画、スイーツ視察企画と今決まっている仕事を誰かにお願いするとしても大変、と考えながら人材派遣会社に出向く事にした。

感じの良い女性のアテンドでポルトガルメーカーの基本要望を聞いた上で、我が条件も話し帰宅する。
通訳募集のメーカーが興味を示しているので会社まで出向くようにと翌日に電話があり、日本に進出の会社まで行く事になった。

なんと会社は居住マンションの最上階、面接当日会社につきブザーを鳴らすが応答なし、(怪しげな会社だと思いながら待っていると)昼食を終えたご婦人方がマンションにやって来たので、建物内に入れてもらい、会社入り口でブザーを鳴らすが何の反応もない。
待つ事10分、会社の従業員と思える女性群が戻って来たので、面接・ミーティングにつき話すが、誰も初めて聞いたという反応だった。

約束時間より遅れてやって来たのが、これから面接をするという責任者。若くて頼りなさそうな第一印象、「やはりダメだな」と思いながら面接?が始まる。

カテゴリーにより宿泊条件が異なると、遠回しで一人部屋(ヨーロッパで二人部屋はあり得ない)にはならないと警告、でも軽い楽な仕事だと強調してくるが週6日勤務だと言う。週6日という事なら、1日の勤務時間は短いかと尋ねると、「1日10時間労働です」「夜勤です」と。。。。
「貴方は軽い仕事と言っているが、夜勤で週6勤1日10時間労働は軽い仕事と言えない!」と話すと、
「重い物は持たないので、軽い仕事です」理屈が通らない呆れた返答をされ、ますます腹が立ってくる。
ポルトガル技術者は3ヶ月間の勤務で交代時期に若干インターバル期間もあると話していたので、ますます怪しいマフィア企業と確信を持つ。
(労働ビザなしの不法労働なので3ヶ月交代?!)

その後、給与の話になるが、
手当100ユーロ/日が支給(詳細を詰めるに至っていないが、部屋代など差し引かれ食費も入れると実手当ゼロ)されるので、給与はネットで1600ユーロ(手取り約1000ユーロ)貴方のご希望範囲と吠えられる。
こんな低額を提示した覚えもないのに、希望したとは、会社訪問時から舐められた無責任な対応で堪忍袋の尾が切れた瞬間でもあった。

担当責任者は日本で人を探すと言う。その方が容易だとも。
ポルトガルはウエーブサミットの開催地でもあり、最新気鋭の企業やポルトガル発の将来性のある企業も芽生えて来た昨今、昔ながらのごまかし企業もまだまだ存在する事を実感させられる体験でもあった。

にほんブログ村 海外生活ブログ ポルトガル情報へ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 旅行の豆知識へ
にほんブログ村
  

プロフィール

ルア

Author:ルア
プロフィール 千本佳男
ちもと よしお
(写真は息子です)

ポルトガル在住30年以上
職業   取材・コーディネイター
星座   魚座 
血液型  B型
住む理由 気候がよく、ワインも食べ物も美味しいポルトガルの虜
趣味  昔はウインドサーフ、現在はもっぱらネットサーフ
好きな物 ポルトガルではワイン、日本では餡このお餅
得意な事 サッカー取材
日本の家 神戸にあります
ポルトガルの家 リスボン郊外25キロの住宅街
事務所  海と世界遺産シントラの山が見える丘の上

やろうと思う事 ポルトガルの写真を沢山撮って紹介したい

*****チモト実績*****

依頼源 ポルトガル
ICEP(ポルトガル貿易・観光振興庁)
IPPAR(ポルトガル歴史建造物保存院)
ポルトガル政府観光局
裁判所関連書類翻訳
メディア翻訳・ナレーション・通訳等

依頼源 日本
各官庁、地方自治体の業務請負
ポルトガル博覧会日本館チーフ・コーディネイト
大手商社業務委託
商品調査
イベント関連、 その他、

NHK
EUサミット・リスボン
首相インタビュー
大河ドラマ 信長
世界ふれあい街歩き
世界入りにくい居酒屋
関口知宏のヨーロッパ鉄道の旅
赤道直下40000キロ
二度目のリスボン
Wカップリサーチ・選手インタビュー
その他、 報道、文化、スポーツ番組

民放(各社一番組紹介)
開局40周年 大航海!謎と夢のコロンブス大紀行 NTV
MONDAY FOOTBALL SPモウリーニョのすべて フジ
深夜特急98 NBN
新ポルトガル謎紀行 TBS
道浪漫 MBS
旅サラダ  ABC
ワールドビジネスサテライト TV東京
ユーロ(ヨーロッパサッカー選手権)WOWOW
赤道大紀行 CBC
にじいろジーン KTV
GAORA、KBS、KTS、TOS、SAGA-TV、旅チャンネル、その他

映画 東宝「7月24日通りのクリスマス」 

新聞 朝日、読売、毎日、その他

雑誌 フィガロ・家庭画報・コスモポリタン・スカイワールド(JAL)・アゴラ(JAL)・ナンバーなど、その他多数

ファッション カタログ
広告 CANON・ニッサン・トヨタ・エプソン・いいちこ・福砂屋・ダイキン・無印


ご連絡お待ちします。
chimotopt@gmail.com

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR